経営者、松下幸之助

経営の神様、松下幸之助

経営者松下幸之助の生い立ち

松下幸之助は、和歌山県の小地主の家に三男として生まれました。後に経営の神様と呼ばれたほどの人物ですが、その生い立ちは、意外や裕福なものではありませんでした。彼が僅か5歳の時に父親が米相場での失敗をしたために破産するという憂き目に遭っています。その後一家は居を移し、下駄屋を始めますが父親には商才がなかったのか、下駄屋でも成功できませんでした。やむなく彼は丁稚奉公に出されることになります。尋常小学校は中退し、9歳の時に火鉢店に奉公に出ています。奉公先は、後に自転車屋へと移りますが、この頃から、経営の才能を見せ始めていました。

経営の神様松下幸之助

松下幸之助は、松下電器産業(現在のパナソニック)を一代で築いたビジネスマンです。経営の神様という異名をもっています。1894年に和歌山県に松下家の三男として生まれました。9歳のときに父が米相場に失敗し、破産しています。その後、小学校を中退して宮田火鉢店や五代自転車に奉公に出されます。16歳のときに現在の関西電力に入社して7年間勤務し、在職中に電球ソケットを考案し、その後退社しています。そして、退社後独立しています。独自の経営哲学に基づいてグループを日本でトップの企業へ成長させていきました。格言や名言も残していて、現在も偉大なビジネスマンとして語り継がれています。

新着情報

↑PAGE TOP